「ネット選挙」のためのPublishers活用法を公開しました

いつもPublishersをご利用いただきありがとうございます。

これからますます重要になってくると思われる「政治でのネット活用」。

従来盛んに利用されてきたFacebook/Twitter/ブログといった手段に加え、ウェブマガジンの活用を検討されている政治家の方のために、Publishersを活用した情報発信についての提案資料を作成しました。

 

政治でのネット活用については、「手間が増えるだけで意味がない」という政治家の声も聞きます。既に基盤をお持ちの有力政治家の方であればあるほど、特にこの感覚をお持ちだと思います。

実際、インターネットの向こう側にいる不特定多数の人に向けて情報を発信しても、その人達が地元の選挙区の有権者であるとは限らず、「いいね」が増えても票にはつながらない、という状況に陥りがちです。

とはいえ、有権者側から見れば、選挙のときに投票するための材料は圧倒的に少ないのが現実。「ポスターの顔を見て投票する」「政党名だけで投票する」というケースも多いと思います。地方議員も、地元選出の国会議員も、選挙後にどんな活動をしたのか、何を目指している人なのか、理解できる情報は殆ど存在していません。

Publishersをつかって、「関心の高い人」への継続的な情報発信を行えば、より、政治家の目指している政治像、政策の考え方などを理解してもらい、「行動する支援者」に育てられる可能性があります。

さらには、有料マガジンにすることで、支援者の方からの安定的な資金収入にもつなげていくことができます。

ぜひ「ネット選挙」における支援者とのコミュニケーションツールとして、Publishersをご活用いただきたいと思います。